形を正確に再現するーその⑵リンゴ(後半)
基礎ステップアップデッサンの今回は
「形を正確に再現する」
リンゴ編の後半です。

前回で形態の印象がある程度整いました。
今回は固有色と陰影を深めながら、
立体感を高めていきます。




f0227963_1702323.jpg
【4】リンゴ固有色やそのムラを描き出します。
ムラや模様はその表面に沿って展開しているので、
対象の立体的な形を具体的に表します。




f0227963_171479.jpg
【5】情報を増やしながら、
光の方向を厳密に整えていきます。




f0227963_1714233.jpg
【6】リンゴは日光に照らされた上の方が色が濃く、
下の方が薄くなります。
リンゴを描くとき、
上の方を白っぽくしてしまうと固有色の濃さが表せません。
それは「明るい」ではなく「白い」と感じられるからです。
作例では色の濃いところは柔らかめの鉛筆を
陰影は硬めの鉛筆を使用してベースを作っています。




f0227963_1715768.jpg
【7】調子深めていく課程では
明るさを合わせていくと考えるのではなく、
ここまでに描き出してきた表情などを
面に定着させるという意識で作業します。
明るさの変化が連続して、
形態の変化と一致することを目指しましょう。

次回はレンガ編とリンゴ編のまとめとして、
この二つの物を組み合わせた状況で、
形を導き出す課程を見ていきましょう。







受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック


f0227963_138412.jpg
↑ステップアップデッサン講座基礎編はこちらをクリック




byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-07-19 17:03 | 基礎ステップアップ・デッサン
<< 高校生のみなさん、夏を充実させよう。 芸大対策開始!/彫刻科 >>