石を構成して描く。デッサン/デザイン・工芸科 私大コース
土日コースでは各自が集めてきた石を構成して描く
デッサンの授業を行いました。

様々な方法で石を手に入れてきたようで、
なかなか良い石が集まりました。
どこに行けばあるのか?
どうすれば手に入るのか?
どのような石が良いのか?
そういった事を十分にイメージして石を探したはずです。
素材や情報の収集は工夫のしどころで、
デザインにとって不可欠な事です。

先週は大きな御影石を一つ、
今回は小さな複数の小石を構成して描きます。
石という素材は同じであっても表現する目的が全く違います。
石は積もうが浮こうがどのような状況設定でも構いません。
しかし、
自分の意図が反映された構成が、
不自然な印象無く人に伝える事ができるでしょうか? 
これが大きな問題です。

石の列び方を、
作者と観る側が共有できる良いデザインとして鉛筆で表現する。
ある程度良いところまできていますが、
発想の僅かなズレが共有性を薄めます。
初期段階で瞬発力をもって突き詰めていくことが大切ですね。

さらに描き進めて納得できる表現域までいきましょう!

f0227963_10123068.jpg
f0227963_1012474.jpg
f0227963_1013480.jpg
f0227963_10131919.jpg





冬期講習・入試直前講習/受験相談 受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック


f0227963_138412.jpg
↑ステップアップデッサン講座基礎編はこちらをクリック




byヨゾコブ
by yozokobu | 2013-10-23 10:14 | 授業
<< ウサギのデッサン/基礎科 武蔵美の先生による『中高生のた... >>