構造を捉える/彫刻科
新学期に入り1ヶ月ほど経った彫刻科です。

デッサンではフォーンやミロヴィ(首なし)、
円盤背面などの量や構造がシンプルに見やすい像を中心に実技を進め、
塑像では稜線や構造が意識できるような課題を組んできました。

f0227963_11235752.jpg


連休明けの実技課題は、
デッサンでは馬頭を木炭紙倍版で描き、
塑像では粘土40キロを使いきり実際のモチーフより大きく作るというものでした。

f0227963_11243176.jpg
f0227963_11244194.jpg
f0227963_11273556.jpg
f0227963_1127536.jpg


馬頭のデッサンではなかなか良いものが出来たので2点紹介します。

f0227963_11281272.jpg
f0227963_11282718.jpg


1学期は表面に捕らわれず、
形態を大きく整理して捉える力を養うことが大切になります。






新学期・受験相談 受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------





f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック


f0227963_138412.jpg
↑ステップアップデッサン講座基礎編はこちらをクリック




byヨゾコブ
by yozokobu | 2015-05-15 11:31 | 授業
<< 細密デッサン/デザイン・工芸科... 4週目は初の色彩構成/デザイン... >>