ペンによるデッサン/デザイン工芸科 私大コース
デザイン工芸科私大コース昼間部では、
ペンによるデッサン実習を通して、
鉛筆デッサンでの「タッチの効果」について改めて考えてみました。

ペンは「タッチの効果」を確認しながら描き進めるのに最適です。
また薄めた墨で陰影部を描くことで、
面の位置が前後して感じることを確認しました。

前に迫り出すタッチと奥に定着する薄墨の効果を使い分けることで、
立体表現を合理的に学べたと思います。
ただ立体表現は単なる技術の一つに過ぎないので、
その技術を用いて何を伝えるのかを
今後考えていくことが大切です。

f0227963_16174087.jpg
f0227963_16175482.jpg
f0227963_1618443.jpg
f0227963_16181474.jpg
f0227963_16182784.jpg
f0227963_16184974.jpg






↓今週末15日(日)に行われる『体験デッサン』のお知らせ

初心者のための体験デッサン
--------------------------------------------------------
美大入試説明・進学相談・デッサン実技
11月15日(日)/12:30〜16:30
説明と相談には保護者の方も参加できます。
電話にてお申し込みください。
フリーダイヤル0120-71-4305
--------------------------------------------------------

f0227963_982257.jpg






2・3学期、受験相談 受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------





f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック


f0227963_138412.jpg
↑ステップアップデッサン講座基礎編はこちらをクリック




byヨゾコブ
by yozokobu | 2015-11-13 16:19 | 授業
<< デザイン・工芸科専門実習「平面... 大型動物塑像/彫刻科 >>