筆のお話/日本画科
本日は筆のお話。
皆さん、正しい筆の手入れはご存じですか?

彩色筆、削用筆など、
日本画専攻の受験で使用されている筆の種類は多岐にわたります。
それぞれの筆には絵の具の含み、
穂先のきき具合に応じて毛質や造り、
そして価格も異なります。

f0227963_22274256.jpg


そこで今回は、
筆を長持ちさせる手入れを紹介します。
一番大切なのは、使用後の保管方法です。
筆を使った後は、水やぬるま湯で穂先を丁寧に洗います。
その後、穂先を下に向けて吊るして干すか、
指で穂先を整えてから乾いたタオルの上に寝かせて保管します。
このとき穂先を上にして立てた状態で保管すると、
水分が穂先の根元に溜まり筆が傷みやすくなります。
筆洗に筆や刷毛を浸けっぱなしにしている学生をたまに見かけますが、
寿命を著しく損なうのでやめましょう。
また、
筆にリンスをする話を聞いたことがあるという受験生も
多いのではないでしょうか?
筆は動物の毛から作られています。
リンスをすると髪の毛同様に手触りが良くなり、
切れ毛等も少なくなります。
しかし、
穂先の利きや絵の具の含み等が悪くなるというデメリットも伴います。
基本として筆は消耗品です。
用途に応じた手入れを行いましょう。

f0227963_22282887.jpg
f0227963_22284527.jpg






入試直前講習、受験相談 受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------





f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック


f0227963_138412.jpg
↑ステップアップデッサン講座基礎編はこちらをクリック




byヨゾコブ
by yozokobu | 2016-01-09 22:29 | 授業
<< 1週目はデッサンと冬期講習の復... 明日2016年1月2日から冬期... >>