主役のない静物/デザイン・工芸科
先週のデザイン・工芸科昼間部では
2課題の静物デッサンに取り組みました。
モチーフは石膏像を中心に組んでいますが、
顔などの描き所になる部分は隠れています。

主役になる要素を作者が発見して、
その部分をすっきり見せる画面構成が
学習のポイントです。

経験の少ないうちは、
「物自体」を描くということを意識しがちですが、
モチーフの状況や関わり方といった、
その場で起こっている「出来事」を意識することが
物自他の存在感を高める上で大切です。

布やロープの形が変化する理由は簡単ですが、
その理由となる出来事を表現するためには、
能動的な観察が必要です。
その重要性が理解できれば、
どんなモチーフでも作品にできるという
自信につながるでしょう。

f0227963_1815311.jpg
f0227963_1821525.jpg
f0227963_1822951.jpg
f0227963_1824122.jpg
f0227963_182594.jpg
f0227963_1831666.jpg







美大受験ガイダンス
●知っておきたい入試・大学・仕事
●センター試験と多摩美・武蔵美の学科試験の違いを知る
●美大受験に役立つ伝わる文章の描き方


日時/2016年5月29日(日) 13:00~16:30
対象/高校生、中学生、高卒生、保護者
会場/代々木ゼミナール造形学校
持物/筆記用具、メモ帳
申込/事前申込・参加費無料
   お電話にてお申込みください
   フリーダイヤル0120-71-4305(代々木ゼミナール造形学校)


f0227963_1743819.jpg






新学期・受験相談 受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------





f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック


f0227963_138412.jpg
↑ステップアップデッサン講座基礎編はこちらをクリック




byヨゾコブ
by yozokobu | 2016-05-22 18:04 | 授業
<< 美大受験ガイダンスが行われました。 美大受験ガイダンスを行います。 >>