塑造実習/基礎科
基礎科の専門分野の実習第2回目は塑造です。
今回はりんごと段ボールをモチーフとして渡し、
りんごと段ボールの要素を組み合わせて、
粘土で立体を作るという課題を行いました。

この課題のポイントとしては…
○普段のデッサンでも意識すべき点ではありますが、
 立体物を立体物としてつくる為、
 よりあらゆる方向から見た状態、
 中身の状態を意識して作らなければならない。
○段ボールの特徴が出やすい部分、動き、形を探り、
 特徴を出した上で、りんごとどう組み合わせていくのか考える。
 という部分がポイントになります。

f0227963_21324275.jpg

生徒達は一生懸命りんごを上から見たり、
下から覗き込んでみたり、
様々な方向から形を探っていました。
ハリのある部分やヘタの部分がどのようについているのか、
など普段よく見るものでもたくさんの発見があったことでしょう。
構成に関しては、実際に作れる状態に忠実に作っていく人もいれば、
段ボールをりんごの皮に見立てて細く切って並べ、
皮を剥いている様子などイメージを立体化したものもあり、
バリエーションが豊富でした。
デッサンだけでは見られないそれぞれの個性が垣間見ることができ、
講師共々楽しく授業を終えることができました。
この授業で勉強したことを是非デッサンにも活かしてほしいですね。

f0227963_21332170.jpg








冬期講習会・入試直前講習会
受験相談 受付中

--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------





f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック


f0227963_138412.jpg
↑ステップアップデッサン講座基礎編はこちらをクリック




byヨゾコブ
by yozokobu | 2016-11-12 21:34 | 授業
<< 初心者のための体験デッサンが行... 8週目はそれぞれの制作/デザイ... >>