有色下地デッサン/デザイン・工芸科
デザイン・工芸科昼間部では有色下地デッサンを実習しました。
画面全面に中間調子の色を塗布して、
白色のパステルや絵具で描き起こす描画方法です。

普段の鉛筆とは逆に明るい部分の描写が中心になり、
描いた所が下地色から浮かび上がる効果によって立体感や空間感、
また形態感といった「形を描く」ことの理解を深めるのが狙いです。
光の当たり方が重要なので、
教室の照明を半分落としてデスクスタンドでライティングしました。

f0227963_13055547.jpg















f0227963_13061681.jpg















f0227963_13063906.jpg















f0227963_13070412.jpg

















前半では小石膏をモチーフにし、
後半では手に球体を持った状態を描きました。
「形を描く」と言うことは自転車や逆上がりの練習のように
「できてみれば分かる」ということが多いので、
今後も様々なアプローチを試みていく予定です。


f0227963_13073624.jpg















f0227963_13075931.jpg

















f0227963_13082127.jpg















f0227963_13085220.jpg

























新学期・受験相談 受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------





f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック


f0227963_138412.jpg
↑ステップアップデッサン講座基礎編はこちらをクリック




byヨゾコブ

by yozokobu | 2017-05-11 13:09 | 授業
<< 5週目は色彩構成の継続/デザイ... 4週目は初めての色彩構成/デザ... >>