<   2012年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧
『高校生アートコンペ』開催のお知らせ。
美術を愛する高校生のみなさんに向けて
常に新たなアートシーンを築く発祥地原宿で、
アートコンクールを開催いたします。

将来の日本文化をになう若者たちの助力になればという願いをこめて、
熱意あふれる高校生の作品を広く募集し、
優秀な作品には賞状と記念品の授与、
併設の代々木アートギャラリーでの展示をいたします。
創意にあふれた力作を期待するとともに、
関係各位のご協力をお願いいたします。

この『高校生アートコンペ』に関する詳細は、
代々木ゼミナール造形学校 フリーダイヤル[0120-71-4305]まで、
お問合せください。


募集要項

●名称
 高校生アートコンペ

●応募資格
 高等学校在学生

●出品料
 なし(作品の発送、運搬費は出品者負担)

●課題
 「私」

●作品形式
 油画、日本画、水彩画、版画、ドローイング、デザイン画、イラスト、写真などの平面作品。

●作品サイズ
 10号(530×455mm)、B3規格(515×364mm)、
 半切(432×356mm)それぞれのサイズ以内。
 B3規格サイズ以内の作品は、主催側で額を用意します。
 キャンバスまたはパネル貼りは額なしで搬入してください。
 (額なしで展示します。)

●搬入
 2012年7月25日(水)~31日(火)10:00~17:00 
 作品持参の場合は代々木ゼミナール造形学校1階事務窓口で受付ます。
 作品輸送の場合も同窓口で、期日内に必着のこと。

●入賞
 代々木アートギャラリーにて展示します。
 出品作品の中で特に優秀なものに、
 大賞 1名(2万円分図書カード)、準大賞2名(1万円分図書カード)、
 ホルベイン賞若干名、Tools賞若干名

●展示会場
 代々木アートギャラリー(原宿)

●展示会期
 2012年8月6日(月)~19日(日) 
 平日 11:00~18:00/日・祝 11:00~17:00


f0227963_1514975.jpg
f0227963_1515658.jpg







f0227963_14553938.jpg

f0227963_14564626.jpg
『「手」の研究』『「手」を描く』についての詳細は、
代々木ゼミナール造形学校[0120-71-4305]までお問合せ下さい。





受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-31 15:18 | 高校生アートコンペ
混合テンペラ技法を試してみよう。その3/3 /油画科
混合テンペラ技法の透明層を塗る作業です。
モノトーンの色彩で描き込んだ後
透明な絵の具層をかぶせ彩色します。

透明なガラスのような透明層は
油絵の具の大切なポイントです。
透明な層の重ね方も、工夫次第で表現が広がります。
ここの内容は企業秘密(代ゼミの?)なので
代ゼミに是非学びに来てください。

透明色を画面にかぶせた(塗布した)後に
白色絵の具で、また描きおこし(白色浮出)ますが
そのための混合テンペラメディウムを作ります。

3-1 
卵とスタンドオイルとダンマル樹脂溶液を混ぜて
よく振ってメディウムを作ります。
白色顔料を水で練り、
さらにメディウムを加えて 練り合わせるとテンペラ絵具ができます。
これを水で溶いて描きます。(白色浮出)
オイルと水は混ぜることができませんが
オイルと卵を混ぜてあげると(乳化作用)
水を使っても分離しなくなります。
この場合卵は接着剤と乳化剤の2つの働きをします。
古典技法、あなどれませんね!

f0227963_12594577.jpg


3-2 
薄い透明な層を丁寧にかぶせ
徐々にモチーフの色に近づけていきます。
透明な層は樹脂分を含んでいるので
とても艶が出ます。

f0227963_1302046.jpg
f0227963_13192.jpg


3-3 
透明な層をかぶせた後に白色の絵の具で
形を描きおこします。

f0227963_1313675.jpg


3-4 
どんどん描き込んで完成です。
透明な絵の具層で輝くような色味になりました。

f0227963_1314331.jpg
f0227963_1325047.jpg
f0227963_1334158.jpg


根気のいる作業でしたが、
この技法を知ることにより
絵の具の扱い方と古典作品を観察する時の
智識が学べたことと思います。

次はF30号の大きさのカマイユ技法です。
続いて塑像の実習。
1学期はいろいろな実習を予定しています。
色々な表現を経験して、
新たな自分を発見するように頑張ろう!





f0227963_14553938.jpg

f0227963_14564626.jpg
『「手」の研究』『「手」を描く』についての詳細は、
代々木ゼミナール造形学校[0120-71-4305]までお問合せ下さい。





受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-30 13:08 | 授業
光と影の効果[シャドーイング デッサン]/私大デザイン・工芸科
先日、
私大デザイン・工芸科昼間部で行われた
デッサンの授業を紹介します。

それはモチーフの反射光を抑えた状況をつくり、
明暗の変化を忠実に写し取る実習です。
立体感や空間感を表現する上で、
光と影の効果を見直すことが目的です。

段ボール箱を利用して囲いを作り、
中に黒布を張り、
その中にモチーフを置きます。
今回はデスクスタンドを使って、
モチーフを照らしました。

反射光を抑えることで2つの効果が期待できます。
ひとつは日向と日陰がはっきり分かれることで、
その境目の形が
モチーフの形態を象徴することを実感できること。
もうひとつは光に照らされた部分が浮かび上がることで、
明部が積極的に描き込まれ、
自然と完成度を高めることです。

パブロ・ピカソの少年時代のデッサンや
松岡寿の留学時代の人物素描などが参考になると思います。
自宅での学習にぜひお勧めしたいメソッドです。

f0227963_9502665.jpg
f0227963_9503928.jpg
f0227963_9504882.jpg
f0227963_9505932.jpg





f0227963_14553938.jpg

f0227963_14564626.jpg
『「手」の研究』『「手」を描く』についての詳細は、
代々木ゼミナール造形学校[0120-71-4305]までお問合せ下さい。





受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-29 09:53 | 授業
応用編/ファイン夜間部
一通りの立方体を描く基礎知識がしっかりついてきたので、
今週は応用編です。

着彩の課題は「ブロック・石膏立方体・つぼ・赤い布」
灰色の静物に対して赤い布が鮮やかなモチーフです。
久々に見る絵の具の艶にもうっとりします。
絵を描くときは、
いつもこういう新鮮な感動がないといけません。

f0227963_10475663.jpg


一方鉛筆デッサンの課題は「重さのある静物」
石・H鋼・枕木という重くて黒いモチーフと
白い布・すすきという軽くて白っぽいモチーフの対比が鮮やかでした。
対極的なものを対比で描いていくと、
白から黒までの色幅が増えて、
画面が豊かになります。
石膏デッサンにも、
この色幅をいかせると良いです。

f0227963_1049278.jpg
f0227963_10493590.jpg






f0227963_14553938.jpg

f0227963_14564626.jpg
『「手」の研究』『「手」を描く』についての詳細は、
代々木ゼミナール造形学校[0120-71-4305]までお問合せ下さい。





受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-28 10:51 | 授業
『特別講義 「手」の研究』と『特別授業 「手」を描く』
特別講義と特別授業のお知らせです。

『特別講義 「手」の研究』を今年も開催します。
昨年は多くの方々に聴講していただき、
とても好評でした。

今年はこの『特別講義 「手」の研究』に加え、
講義内容を踏まえて手のデッサンを実際に描く
『特別授業 「手」を描く』を行います。
講義をただ聴くだけでなく、
学んだことを実践することで、
さらに理解を深めていきます。

多摩美グラフィックやプロダクト、武蔵美視覚伝達、
油画、日本画、彫刻を受験する学生のみなさん、
『特別講義 「手」の研究』と
『特別授業 「手」を描く』を通じて、
入試でよく出題される「手」の基本を、
夏の前にしっかり学んでみませんか。


--------------------------------------------------------
『特別講義 「手」の研究』
6月24日(日)14:00~16:00
聴講無料

『特別授業 「手」を描く』
7月1日(日)10:00~15:00
授業料¥1000(窓口にてお申し込みください)
持ち物/鉛筆デッサン用具・パネル(B3サイズ程度)
    デッサン用紙支給・昼食持参
--------------------------------------------------------
詳しくは、
代々木ゼミナール造形学校[0120-71-4305]までお問合せ下さい。


f0227963_14553938.jpg
f0227963_14555287.jpg




f0227963_14564626.jpg
f0227963_14555629.jpg






受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-26 15:04 | イベント
文字をモチーフにして空間をテーマに平面構成/私大デザイン・工芸科
私大デザイン・工芸科昼間部で、
文字を使って『空間』をテーマに平面構成を行いました。

デザインを学ぶ上で文字は重要な要素となります。
今回の授業では、
英文字の特徴や拡大・変形の方法、
正確にレタリングするために押さえておきたいポイントを解説。
英文字だけでなく漢字の特徴も合わせて説明しました。
また、
日頃から文字に興味を持つために、
学生のみんなが通学に利用している駅の表示を、
一度注意深く観てみることを勧めました。
例えば、
渋谷駅にはJR・東急・京王・東京メトロの路線が集まっています。
各路線の『渋谷 SHIBUYA』の書体は鉄道会社ごとにデザインが違います。
駅名だけでなく、
矢印やトイレなどのサインのデザインも異なります。
(ちなみに非常口のサインは日本のどこに行っても同じです。)
この機会に、
みんなが日頃何気なく見ているごく普通のものにこそ、
デザインがしっかりされていることに気づいて欲しいと思います。

文字の説明の後は、
課題のテーマである『空間』について解説。
『空間』といっても様々なので、
自分でさらにテーマを絞る必要があります。
基礎課程の課題から今回の課題のように、
応用過程・実践過程の課題になると、
コンセプトをしっかり決める大切さが要求されてきます。

出来上がった作品はそれぞれ、
自分のアイデアを丁寧に表現した作品で良かったと思います。
でも、
そのアイデアをもっと生かす方法があるはずです。
講評を通じて今まで以上にもっともっとデザインに興味を持ち、
いろいろ観る必要があることに気づいたと思います。
原宿に位置する代ゼミ造形のメリットをもっともっと生かして、
頭の中に引き出しをたくさんつくっていきましょう。

f0227963_1855952.jpg
f0227963_1862887.jpg
f0227963_1865331.jpg
f0227963_1865619.jpg
f0227963_1874616.jpg





受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-25 18:25 | 授業
混合テンペラ技法を試してみよう その2/3 / 油画科
油画科は古典技法を学ぶ授業の、
連続3回レポートの2回目です。
いよいよ混合技法の始まりです。

2-1
まずは各自モチーフを組みました。
モチーフはそれぞれ好きなものを
代ゼミの地下二階にあるモチーフ室から選んできます。
ここには沢山のモチーフが所狭しと並んでいます。

f0227963_17525036.jpg
f0227963_1753583.jpg
f0227963_1753162.jpg


2-2
構図を決めながら大まかに線描きで下図を作ります。
出来上たった下図の裏に木炭を薄く刷り込みます。
赤ボールペンで上からなぞり転写します。
赤ボールペンでなぞるのは転写した部分が確認しやすいからです。

f0227963_17535922.jpg
f0227963_1754014.jpg


2-3
次に単色でグリザイユ表現をし
立体感や空間感を描いていきます。
この作業に使用しているのは水性の絵の具です。
油絵の具に比べて細かな作業がしやすいメリットがあります。

f0227963_17542815.jpg
f0227963_17544174.jpg


2-4
かなり完成に近づいて来ました。
ある学生は、
高橋由一の「鮭」に対抗して
「煮干し」的な作品が出来上がりそうです。

f0227963_17563587.jpg
f0227963_17564781.jpg


次は色を付けていく作業です。
混色して出す絵の具の美しさに加え、
透明色を使って出す絵の具の美しさを学習するのも
今回の大切なデーマです。

完成が楽しみです。




受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-24 17:58 | 授業
『四角を繋げて創る壁』/私大デザイン・工芸科
私大デザイン工芸科土日コースで初めて平面表現の授業を行いました。
この授業では「自分の創っている作品が他の人と繋がっていく事」。
これが重要なテーマです。


各自が決められた形と条件を使い
自分の画面内で「壁」を成長させます。
「壁」は自分の画面から隣や斜めの画面に入って伸びていきます。
繋げる事で関係が生まれ、
どのように伸ばして繋げようか?
色はどうしようか?
と互いにコミュニケーションを取り、
工夫が生まれます。
これはデザインを行なう上で大切な事の一つですね。


初めて絵具を扱う人もいるので、
まずは講師が机上の道具の置き方や塗り方の実演伝授をしました。
多くの色面数があるので、
絵具をムラ無く美しく塗る練習も兼ねています。
みんな形や色の工夫をしていて、
途中の状況はとても良好。
次回の授業も制作を継続して土曜日に完成させます。
とても楽しみです。

f0227963_18295421.jpg
f0227963_1830060.jpg
f0227963_18301968.jpg
f0227963_18303577.jpg
f0227963_1830523.jpg





受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-23 18:31 | 授業
明日から『裸 -造形学校所蔵作品展-』が始まります。
昨日までの暑さから一変、
今日は雨が降る肌寒い日です。
受験生のみなさん体調は崩していませんか?

さて、
明日23日(水)から、
『裸 -造形学校所蔵作品展-』が
YOYOGI ART GALLERYで始まります。

この展覧会は、
造形学校が所蔵している素描・水彩・油彩のヌード作品を、
現在からさかのぼること20年余の作品の中から、
厳選して構成した企画作品展です。
人体表現に興味のある方、
この機会にぜひご覧下さい。
みなさんよろしくお願いします。


『裸 -造形学校所蔵作品展-』
2012年5月23日(水)~6月10日(日)
平日11:00~18:00/日・祝11:00~17:00
[最終日11:00~14:00/火曜日休廊]

f0227963_13492664.jpg

------------------------------------------------------------------
YOYOGI ART GALLERY
代々木アートギャラリー
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-3 
電話:03-3405-4751
JR山手線原宿駅竹下口より徒歩1分
東京メトロ千代田線・副都心線明治神宮前駅より徒歩3分
-------------------------------------------------------------------
f0227963_17263235.jpg





受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-22 17:37 | 代々木アートギャラリー
混合テンペラ技法を試してみよう。その1/3/油画科
今回の油画科は古典技法にチャレンジです。
まずは、
麻布に白亜地を塗り、
吸水性キャンバスを作り、
その上に混合テンペラ技法を試します。
油画科は先週まで基礎的な課題を丁寧に学んでいたので
初めての技術的な内容の授業でしたね。

1 キャンバスに白亜地を作る
2 下描きとして単色でデッサンするように描く(グリザイユ表現)
3 透明な油の層で着彩する

大きく分けると上記の3点が授業の流れになります。
3回に分けて授業の様子をレポートしますね。

1回目は白亜地作りです。
地塗りをしていない麻布に膠液を塗り
その上に白亜地を塗って吸水性のキャンバスを作ります。

講師は現役芸大の技法材料研究室の大学院生です。

1-1
麻布に線を引きます。
定規を使わずに布の織り目を上手に使って真っ直ぐな線を引きます。

f0227963_9503836.jpg


1-2
木枠の方向と麻布の織り目の方向が、
きちんと合うように丁寧に確認し、
手で引っ張りながら張っていきます。
タックス(釘)は全部打ち込みません。
地塗りがタックスの頭部分で止められてしまわないようにするためです。

f0227963_9511455.jpg


1-3
まずは前膠塗りをします。
麻布に地塗りが染み込まないように
膠液を熊刷毛を使って刷り込むように伸ばします。
熊刷毛と言っても、
本物の熊の毛を使ってないと講師の先生は話していました。
馬のたてがみ部分の黒い毛だそうです。

f0227963_9513548.jpg


1-4
白亜地用の材料を混合し、
前膠塗りの乾いた麻布に2度塗りします。
気泡ができてしまうのを指先で丁寧につぶして刷り込みます。

f0227963_952150.jpg
f0227963_9521365.jpg
f0227963_9522413.jpg


1-5
地塗りが乾く間を利用して、
15世紀の画家アルブレヒト・デューラーの作品制作の方法を聞きます。
混合テンペラ技法の進め方のプリントが配られ手順を確認します。

f0227963_9534941.jpg


初めての白亜地作りでしたが、
みんな上手に仕上げてましたね。
自分で作った初めてのキャンバス。
次の作業も楽しみです。






受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験についてのご相談を受付けています。
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。
また電話でのご相談も受付けておりますので、
よろしくお願いします。

お問合せ
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
0120-71-4305(フリーダイヤル)/03-3405-4751(電話)
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目62-3
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
東京メトロ『明治神宮前』2番出口より徒歩3分
--------------------------------------------------------



f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
by yozokobu | 2012-05-20 09:57 | 授業