日本画科/画材の特徴と道具を知る。
日本画科昼間部では、
透明水彩絵具でグラデーションを描く課題を行っています。

使う色はプルシャンブルーのみ。
この単純な作業は、
通常の静物着彩と違ってごまかしようがありません。
いかに美しくぼかすかを工夫して様々な塗り方を試します。
絵具は濃淡によって扱いやすさが違うので、
明るさの変化に合わせて塗り方を変える必要があります。
時には塗った絵具を洗い落としたり、
細かいムラを補修したりしながら、
絵具と紙、そして筆などの道具のことを学習していきます。

一見シンプルな作業ですが、
画材を理解し使いこなすために、
この授業で得るものはたくさんあります。

f0227963_21211051.jpg
f0227963_21214113.jpg




一方夜間部では筆と水彩絵具についての解説が行われました。

日本画科の受験科目は、
鉛筆デッサンと水性絵具による着彩ですが、
着彩では透明水彩絵具の使用が中心で、
絵具は造形学校オリジナルセットを使います。
筆は主に日本画用のものを使いますが、
その種類は多く、
それぞれ特徴があり用途も異なります。
細い面相筆から線描筆や彩色筆、
そして刷毛に至るまで。
これから使っていく道具を、
具体的な例を挙げながらわかりやすく説明しました。

大切な道具です。
こだわりと愛着をもって使い続けてもらいたいと願います。

f0227963_21233951.jpg
f0227963_21241010.jpg





受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験相談は毎日受け付けています。
自分のレベルにあった個人指導を希望される方、
作品見学、学校見学、受験相談がある方は、
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。

お問合せ
フリーダイヤル0120-71-4305
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
--------------------------------------------------------




f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
# by yozokobu | 2010-06-01 21:37 | 授業
ヨゼミ・メソッド2 「片手のデッサン」第6回(作品 no.3)
今回の作品は、手とカードの関わり方や形の変化を
一筋の流れの中に一気にまとめた作品です。
この作品のアイデアは、手の形とカードの形の凹凸を
反転させたところに面白みがあります。

f0227963_9472224.jpg


続きを読む
# by yozokobu | 2010-05-30 10:03 | ステップアップ・デッサン
基礎科/初めての塑造実習
基礎科では1学期と2学期にデッサンの授業と並行して、
各受験科の体験実習を行っています。

今日29日(土)は彫刻科の体験実習が行なわれました。
自分の手で握りこぶしをつくり、
それをモチーフに塑造します。
粘土を練る作業から始まり、
骨格となる芯を作り粘土で造形する。
様々な角度から手を見つめ、
触ることで形を確認し、
粘土を付けたり取ったり、
普段のデッサンでは体験することができない手作業。

立ちっぱなしで力のいる作業でしたが、
終わった後は達成感あふれる表情でした。
もちろん作業終了後は後片付けもしっかり行いました。
道具の手入れと後片付けは基本です。

実習に参加した基礎科のみなさんお疲れさまでした。

f0227963_22545654.jpg




受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験相談は毎日受け付けています。
自分のレベルにあった個人指導を希望される方、
作品見学、学校見学、受験相談がある方は、
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。

お問合せ
フリーダイヤル0120-71-4305
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
--------------------------------------------------------




f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
# by yozokobu | 2010-05-29 23:01 | 授業
平面構成/色の効果の研究
デザイン・工芸科私大コース昼間部では、
『色』をテーマに授業を行っています。

色を感覚的に捉えるのではなく、
論理的に考えることによって色を学びます。
顔写真をモチーフに稜線を抽出して面分割し、
各自が設定した対比による色彩効果をテーマに作品を制作しました。

色の持つ特徴と配色による効果がわかると表現の幅も広がります。
自分が思い描く世界観をより良く見せるために、
色の使い方について研究しましょう。

f0227963_22521581.jpg





受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験相談は毎日受け付けています。
自分のレベルにあった個人指導を希望される方、
作品見学、学校見学、受験相談がある方は、
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。

お問合せ
フリーダイヤル0120-71-4305
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
--------------------------------------------------------




f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
# by yozokobu | 2010-05-27 23:03 | 授業
名画から学ぶ
油画科では『模写』の授業が行われています。
レンブラントやフェルメール、クリムトやダリ、
ギヤマンやゴッホ、そしてクレモニーニなどいろいろです。

まずは、図柄をキャンバスにトレースし、
作品の制作過程を慎重に探ります。
絵具を丁寧に混色し、
みんなもくもくと集中して仕事をします。
下地と上に載せる絵具の関係や透明色と不透明色の使い分け、
色彩の構成や筆使い、
そして何より作家の描いたときの
気持ちまで感じ取れたら最高です。
ただ見るだけでは気付かない作品の奥の深さに感動ながら、
作品をさまざまな角度から読み取る作業が『模写』のメリットです。

細かい作業の連続で肩が凝ったと思います。
ゆっくり睡眠を取って明日も頑張りましょう。

f0227963_2118424.jpg
f0227963_211914100.jpg
f0227963_21194583.jpg




受験相談受付中
--------------------------------------------------------
芸大美大受験相談は毎日受け付けています。
自分のレベルにあった個人指導を希望される方、
作品見学、学校見学、受験相談がある方は、
お気軽に原宿の代ゼミ造形まで足を運んでください。

お問合せ
フリーダイヤル0120-71-4305
芸大美大受験対策美術予備校 代々木ゼミナール造形学校
JR山手線『原宿駅』竹下口出口より徒歩1分
--------------------------------------------------------




f0227963_22582783.jpg
 ↑ステップアップデッサン講座はこちらをクリック



byヨゾコブ
# by yozokobu | 2010-05-25 21:23 | 授業